PLAY THE DANCE

月刊リトキン OS3.21

2017.11.30 (Thu)

  • リトルキング

月刊リトキン OS3.21

|about|
Little King OS3.21
2017.11.25(sat)
at SVS HALL
Guest Team Judge:IMAGE
MC:SE-YA from U.S.H/清也塾
Photographer:Katomi

|RESALT|
U-14
g_lk_os3_21_prize-05
g_lk_os3_21_prize-06
g_lk_os3_21_prize-07
g_lk_os3_21_prize-08
g_lk_os3_21_prize-09

O-15
g_lk_os3_21_prize-10
g_lk_os3_21_prize-11
g_lk_os3_21_prize-12
g_lk_os3_21_prize-13
g_lk_os3_21_prize-14

PLAY THE MUSIC賞
g_lk_os3_21_prize-20

PLAY THE DANCE賞
g_lk_os3_21_prize-21

LITTLE JAM賞
g_lk_os3_21_prize-15


g_lk_lkp-18


g_lk_os3_21_prize-04
リトルキングOS3.21 GUEST TEAM JUDGE“IMAGE”に色々と聞いてみました!
写真左から【ATSUMI/TAICHI/AKEMI】

全体的な総評をお願いします。

今回見ていたポイントは、「チーム観」「色の濃さ」「音楽とダンスの相性」を主に見てました。
チーム内での感覚的なズレ、理解を合わせるともっといいのになぁと思うチームは何チームかあったし、逆にこのチームは相性がいいなぁと思うとこもたくさんあって、嬉しかったです。

U-14の総評をお願いします。

実際ジャッジは凄く難航しました笑
上位は特にバラついてましたし、どこが入賞でもおかしくないといった感じですね。
例えば、「パピリカ」はどちらかというと特異な振り付けだったりするんだけど、踊らされてる感がなくて、動きが馴染んでるなぁと思いました。
「cleave→」は単純にかっこいいなぁと思いましたね。

O-15の総評をお願いします。

こちらも同じく難航しました笑
ジャッジ1人のポイントが高くても総合点では入賞できず。っていうチームは沢山ありました。
「ストライクポッパーズ」は凄く良かったです。成長過程でもっと2人のバランスが整えば、いいチームになるのになぁと思いました。
「ムロリスト ヒップホッパーズ」も個性的で評価高かったですね。
「Sreds」もうまいなぁとは思ったんだけど、ちょっと今の自分たちのスキル以上のものをやろうとし過ぎかな?と。
あと入賞チームになるんですけど、「cracking」に関しては、構成力が音楽とマッチしていてとてもかっこ良かったです。このまま頑張って欲しいです。

IMAGEは筋力、性別共に個々でダンスに違いがあると思うんですけど、そこをどうやって一体にして、チームでのまとまりや表現に持っていってるんですか?

うーん。
基本的にはAKEMIが作品を作って、TAICHIとATSUMIがそれをサポートしつつ、動き自体をチームカラーに寄せるように変えていったりとかしてますね。
後は、お互いの歩み合いですね。とにかく感覚を寄せていき、その振り付けの意図を探りますね。もちろんそのスタイルを尊敬して、好きじゃなきゃ話にならないんですけどね笑(一同照)

作品を見るたびに新しいスタイルに挑戦しているという印象を受けるんですが、その意図について聞いてみていいですか?

いやー、単純に好きな音楽で踊ってるっていうだけですね笑
この曲いいよ〜って感じで、みんなに紹介してるような感覚ですね。
世界観は広げるけど、自分たちのスタイルはそこに負けないようにっていうのを心がけてます。

今もなお挑戦し続けていることに対して、モチベーションを聞かせてください。

挑戦するならそこに向けた努力、姿勢は大事だと思ってます。やるなら死ぬ気でいきたいですね。
今回のリトキンでも見ててそういうチームが沢山いたし、逆にそうじゃないチームは自分たちの考えられる範囲でいいから、少し考えて挑戦してみるといいのかなぁと思いました。

ダンスは遊ぶところから始まると思うので、みんなで遊べたらいいな〜と思ってます笑


g_lk_os3_21_prize-03
g_lk_os3_21_prize-02
kLNCZ3D1509601228


 

g_lk_os3_19_oh

1位:蠍 座
不自由の中でも自由が散見されて、どんな形でも動ける自在さとか。

2位:獅子座
独創的なやり方を常に考えてれば、解決することもある。

3位:乙女座
とにかくぎゅうぎゅう詰め込んだら、ぽん!と閃くマジカルな月。

4位:牡羊座
シャープでムダのない動きが吉。痺れるようなテクニックを求める月。

5位:水瓶座
口にしたことはなんでも周囲が実行に移してしまうような発言力が強い月。

6位:蟹 座
一点突破というか、こだわりに執着してやり続けたら開けるはず。

7位:魚 座
やけくその万馬券が当たるみたいな月。自分でも驚くような勢いが出てくる。

8位:牡牛座
第三者から見ると謎めいているような集中力を発揮する

9位:双子座
今の段階よりも2段階くらい上の技に挑戦してみると思わぬ発見があるかも。

10位:天秤座
クールな人の情熱的な一面をふと、見て自分の糧にするような月。

11位:射手座
狙っていたワケではないけれども結果的に狙ったみたいになるような月。

12位:山羊座
思いもよらない場所にずっと見つからなかった大事なヒントが入ってるっていう月。

g_lk_os3_21_prize-03