PLAY THE DANCE

月刊リトキンOS3.22

2018.01.12 (Fri)

  • リトルキング

月刊リトキンOS3.22

|about|
Little King OS3.22
2017.12.30(sat)
at BFH HALL
Guest Judge:Junior/Yoshinori/Kento
MC:SE-YA from U.S.H/清也塾
Photographer:emiko

|RESALT|
U-14
g_lk_os3_22_prize-05
g_lk_os3_22_prize-06
g_lk_suffulti
g_lk_viviana
g_lk_os3_22_prize-09

O-15
g_lk_os3_22_prize-10
g_lk_os3_22_prize-11
g_lk_os3_22_prize-12

PLAY THE DANCE賞
g_lk_os3_22_prize-21

LITTLE JAM賞
g_lk_os3_22_prize-15


g_lk_lkp-18


g_lk_os3_22_prize-04
リトルキングOS3.22 GUEST JUDGE“Junior(以下、J)/Yoshinori(以下、Y)/Kento(以下、K)”に色々と聞いてみました!
写真左から【Yoshinori/Junior/Kento】

<終わってみての感想をザックリ聞いてみたらトークセッションみたいになった>

K>キッズの楽しんでる感じとかが、自分が忘れてる部分を気付かされて良かったです。
パピリカとかVivianaとか表情などで表現力が強くて印象的でした。
でも、ソロの出すタイミングとか、全体の作品作りの緻密さをもっとこだわればいいのにな〜と思うチームもあったので、次回に活かしてほしいなと思いました。

Y>1位、2位のチームが特に印象的で3位以下は差はあまりないかな。
僕はグルーヴ感を特に大事にしたいと思ってるので、
その辺りが音楽と一体になってないチームが多かったかなと思いました。
自分的な解釈になるんですが、グルーヴは「レコードの溝」ってよく言うんですけど、
ダンスで「穴」にしてしまって点と点を繋ぐようなダンスになりすぎると全体としてグルーブがなくなっていくような気がします。
「出る」ことに終始せず、目的を見失わず周りの大人も、もちろん自分もしっかり導けるようにしていきたいですね。

J>同じ北海道なんですけど、函館っていう全然違う土地なので、今日は特に新鮮に見させてもらいました。
単純にチームが沢山あっていいな〜と思いました笑 元気もあってホントいいな〜と思うんですが、、小さい子たちもっともっと頑張っといた方がいいよって最近思います。
進学とかで環境が変わるからその時まで悔いを残さない為にも、集中出来る時に集中的にやりこむのが大事かと思います。
勉強はしなきゃいけない時期が必ず来るから、その時に自分で考えてダンスとの付き合い方、ダンスでの遊び方、解釈の深め方を楽しんで出来るようになるにはどれだけダンスを自分の中に入れてるか?が重要だと思うので、とにかく小学生のうちにガッチリやってほしいな!と思いました。
…前置きが長くなりましたが、ここからが総評です笑
自分の中ではcleave→が一番良かったなと思いました。
音楽とダンスとのマッチング、ステージとお客さんとの一体感みたいなのを感じて、あっという間に終わりましたね。
あとは、個性強いチームが「まとめれれば」強いのにな〜っていうのは感じましたね。

Y>にことになは、あれ天然でやってたらスゴイっすよね笑

K,J>あれはやばいよ笑

J>最後とかあのままズッコケて終わってもいいのになって思っちゃったくらいだよ笑
あとHighFive!!!!!も気持ち見えましたね。

Y>あれ、自分たちで作ってるらしいですよ。

J>そうなんだ。それ大事だね!途中で帽子脱げちゃったけど、あれ全員帽子脱いで勢い増してきたらスゲーってなるよね笑

Y>うん。そういうの大事ですよね。。。

…沈黙…

K>あ、僕一個いいですか。さっきJuniorさんが言ってた、やれるうちにガッチリやった方がいいっていう話なんですけど、僕自身 大学2年からクランプやり始めて今就職活動真っ盛りなんですよ。
なので実質2年くらいがガッチリできた期間だったんですけど、めっちゃ大事な期間だったなぁとしみじみ思います。
だから、やれる環境にいる人には出来るだけ繋がりに時間を使ってほしいなと願ってます。

J>そうだよね。うんうん。仲間が出来ると頑張れるよね。

Y>そうっすね。仕事とか学校とか頑張って、そのためにダンスがあるというのがいいダンスに繋がっていくんじゃないかなぁと思います。

<終わったと思ってからのアフタートーーク、これだけは言っときたい集>
ストライクポッパーズは2人の個性がチームとしてリンクしてないから、まず合わせましょう。
マッチ棒はソロなんだからもっと色々やったほうがいいんじゃない?火とか水とか出した方がいいんじゃない?
・全チームに対して、コンテストのソロはもっとかまさなきゃダメじゃないか?

熱いトークセッションありがとうございました!!


g_lk_os3_22_prize-03
g_lk_os3_22_prize-02
kLNCZ3D1509601228


 

g_lk_os3_19_oh

1位:蠍 座
不自由の中でも自由が散見されて、どんな形でも動ける自在さとか。

2位:獅子座
独創的なやり方を常に考えてれば、解決することもある。

3位:乙女座
とにかくぎゅうぎゅう詰め込んだら、ぽん!と閃くマジカルな月。

4位:牡羊座
シャープでムダのない動きが吉。痺れるようなテクニックを求める月。

5位:水瓶座
口にしたことはなんでも周囲が実行に移してしまうような発言力が強い月。

6位:蟹 座
一点突破というか、こだわりに執着してやり続けたら開けるはず。

7位:魚 座
やけくその万馬券が当たるみたいな月。自分でも驚くような勢いが出てくる。

8位:牡牛座
第三者から見ると謎めいているような集中力を発揮する

9位:双子座
今の段階よりも2段階くらい上の技に挑戦してみると思わぬ発見があるかも。

10位:天秤座
クールな人の情熱的な一面をふと、見て自分の糧にするような月。

11位:射手座
狙っていたワケではないけれども結果的に狙ったみたいになるような月。

12位:山羊座
思いもよらない場所にずっと見つからなかった大事なヒントが入ってるっていう月。

g_lk_os3_22_prize-03