PLAY THE DANCE

リトルキングアンバサダー「mid★get and Charis.」

2018.05.06 (Sun)

  • リトルキング

リトルキングアンバサダー「mid★get and Charis.」

リトルキングOS4のシーズンを更に盛り上げるべく、新企画がスタート!


その名も「リトルキングアンバサダー」


 

リトルキングでの優勝、入賞をキッカケに次のステージへと挑戦している『mid★get、Charis.』
そんな2組とリトルキングが手を組み、『次世代ダンサー達の新たな道標、新たなアソビの発見』を目的とした企画。

それがリトルキングアンバサダー。

同世代ダンスチーム、リトルキング世代である「mid★get」「Charis.」この2組がリトルキングOS4の予選大会を「リトキンTV、予選大会時のアシスタントMC、SHOWCSE etc…」とあらゆる面から盛り上げていく。

Charis.
lk_ambassador_os4-03
Q.結成何年目?
A.結成3年目。

Q.Charis.の結成のキッカケは?
A.北広島のスタジオ「ON WARD」のインストラクターYUKACO先生が主催のGypsy.内で結成しているメンバーでスーパーキッズダンスコンテスト(中学生部門)に出場したく、結成しました。

Q.それぞれの夢を聞かせて下さい。
JURI:ダンスはずっと続けたいと思っています。でもダンスだけではなく、自分のやりたい事を大学へ行ってから見つけたいです。
LUNA:小学生の頃からの夢でダンスのインストラクターになりたいと思っているのと、日本にとどまらず世界発信できるダンサーになりたいと思っています。
SHION:職業はモデル。自分の人生=ダンスは消したくないので、家で1人で踊ったり、ダンスイベントに行ったりして続けたいです。

Q.Charis.が目指すこの先を聞かせて下さい。
A.Charis.の三人で続けれる限り、時間を大切にして沢山結果を残していきたいね!といつも話しています。KING DANCE MATSURIチームダンスコンテスト優勝もさる事ながら、道外へも自分達を発信、進出していきたいので、JAPAN DANCE DELIGHTにも挑戦していきたいです。

Q.3人それぞれ、チームダンスのいいな〜って思うことは何かありますか?
JURI:それぞれの考える振付、持つイメージはバラバラだけど、「行き着く先、考えている事がいつも一緒。」というところが、自分の為にも、チーム全体の為にもなっていてチーム活動はいいな~面白いなと思います。
LUNA:曲決める時も3人それぞれの好み、幅があるけど、良いものを作ろうとしているから、時間を掛けて一緒に考える。この感じが楽しいです。
SHION:衣装、振付、音楽に関しても「これがCharis.だ!」っていうものを提示するために、大変だけど、3人で試行錯誤し、ぶつかり合うことで「いいモノが生まれた時」そして「本当に自分達がしたいことがわかった」時にチームダンスが出来ている幸せを感じます。

mid★get
lk_ambassador_os4-02
Q.結成何年目?
A.結成6年目。

Q.mid★getの結成のキッカケは?
A.今の3名になる前に元々あったチームのメンバーが替わって替わって…しぶとい三人が残り今のmid★getになりました笑

Q.それぞれの夢を聞かせて下さい。
MINAMI:ダンスで生きていきたい。高校卒業したら、国内外問わずいろんな場所に行って、経験を積んで、札幌のHPSのメンバーと挑戦していきたいです。
SAKI:専門学校へ行って、エステを学びたい。そして、mid★getも続けていきたいです!ゆくゆくは結婚したいです笑
SUZU:2人の夢をそばで応援しつつ、プレーヤーとして、そして裏方も含めHPSに貢献し、多方面から支えていきたいです。

Q.mid★getが目指すこの先を聞かせて下さい。
A.それぞれの夢もあり、今まで通り活動できるのが恐らく今年最後になると思うので、結果も欲しいけど、まずは自分達のやりたいとを精一杯やり、悔いのないように爆発できるように今年一年は活動していきたいです。そして、ずっと目指していたKING DNACE MATSURIでのチームダンスコンテストの優勝は勿論、新しく出来る「クルーコンテスト」も3人で優勝めざして頑張ります。

Q.mid★getにとって「リトルキング」とは?
A.KINGでは大人の人達しか勝ってるところを見たことが無かったので「悔しいというよりは、KINGでは負ける事があたりまえ。」という感覚で挑戦していました。自分達で初めて振付をして挑戦したのがリトルキングで様々な思いがある中、リトルキングで今まで自分達の隣にいた同世代の子たちが結果を出すのを見て、初めて悔しと思い、いじけてイベントの途中で挨拶せず帰る事があり、初めて先生に怒られた事もあった。そこで挨拶、礼儀の大切さも学ぶことができた。その一件もあり「勝ちたい」という思いが生まれ、リトルキング3回目の大会で優勝でき、「よし!次はKINGだな!!」って思えるようになって、KINGでも思うような結果が出なかったら「悔しい」と思うようになった。
リトルキングキッカケで、自分達で作品を作るようになったし、初めて周りから評価してもらった。
悔しいのも嬉しいも、全部リトルキングキッカケ。
自分達の道が拓けたのがリトルキングでした。


 

次世代ダンサーのトーリューモン。
「リトルキング」
リトルキングからKINGへとステップアップした「mid★get」「Charis.」の今後の活躍にも目が離せない。

※リトルキングアンバサダーが出演しているリトキンTVも見てね!